女性ホルモンを確実に作用させる

MENU

男性ホルモンを疎外していけばエストロゲンも増える

女性ホルモンを確実に作用させるには

 

男性ホルモン(テストステロン)は女性の身体の中にも存在しますが、あまりにも働きが強いと女性ホルモンの分泌や働きを妨害します。乳腺を発達させて豊胸をさせようとしても、疎外してしまうホルモンをどうにかしなければ、理想的な様子や豊胸を得られないはずです。

 

一番優先させたいのはテストステロンの疎外です。しかし、人の体内の中にアロマターゼという成分が、テストステロンを女性ホルモンに変換させます。酵素の一種ですが、それがたくさん発生して、十分に機能すれば女性が雄化することはなくなります。ただし、アロマターゼは普段の日常生活によって発生する量や働きかけが変化するため、注意すべきです。

 

前向きでストレスもあまり感じない生活をしていけば、自然に免疫力が向上して、アロマターゼの働きも平均以上になります。逆にストレスが多い生活をしていると、活性酸素が発生して、テストステロンを刺激しますから、注意すべきです。

インナーケアを行う時、利用したい成分

インナーケアをしていけば、テストステロンの実害を受ける可能性も減ります。気をつけたいポイントは、テストステロンの分泌を促す食べ物や成分を口にしないことです。

 

・ブロメラインというタンパク質分解酵素が体内に入ると、男性ホルモンを増やす原因になります。パイナップルやバナナ、パパイヤには特に注意すべきです。

 

・アブラナ科の野菜はアロマターゼの働きを疎外させます。キャベツや小松菜なども注意は必要になります。また、キノコ類も同様なことが言えますが、シメジ、マイタケ、ナメコなどを食べると乳腺の発達や豊胸から遠ざかります。余談ですが、キャベツは女性ホルモンも増やす作用はあります。ボロンというホウ素が女性ホルモンの分泌をサポートしますが、同時にアロマターゼの働きを弱めるのがデメリットです。キャベツは紙一重な作用を持ちます。

 

大豆イソフラボンやヤマノイモなどを毎日補給すれば、女性ホルモンの働きを強めることが可能です。

アウターケアはマッサージ・入浴をする事が適します

アウターケア(外側をケアする手段)を行う場合、マッサージや入浴をして、新陳代謝を高めるとホルモン分泌が良くなります。しかし、男・女ホルモンの両方の分泌を促してしまいますから、テストステロンの働きを疎外する作用を持つ成分を補給しながら、マッサージや入浴をするのがポイントです。

 

テストステロンの働きを弱める物質はプエラリン、大豆イソフラボン、ノコギリヤシなどです。ノコギリヤシは女性ホルモンを促す働きはありませんが、5αーリダクターゼを疎外しながら、テストステロンの分泌を妨害するのは強みです。

 

入浴しながらマッサージ、リンパ管ケアをするのが理想的ですが、特定の匂いも女性ホルモンに影響を与えます。ダマスクローズやゼラニウム、アンジェリカルート、イリスなどを嗅ぐだけでアロマターゼの働きを促したり、女性ホルモン分泌の動機になるのも大きなポイントです。湯船にそれらのエッセンシャルオイルを少し垂らして混ぜるだけでも、ホルモン分泌に効果があります。