女性ホルモンを整えるには血流が大切

MENU

豊胸、抜け毛予防や老化予防に適したホルモン

女性ホルモンを整えるには血流が大切!

 

女性に多い『女性ホルモン』は分泌量が多ければ多い程、髪の毛が多かったり、皮膚にハリがある、胸元が目立ったりしますが、冷え症の人はホルモンのバランスが崩れてしまい、豊胸から遠ざかる可能性は否定できません。

 

抜け毛予防や老化予防に適した存在でも、身体の血流が悪くなってしまうとデメリットが出てきてしまいます。 

 

身体の血流を促進させる「生姜(しょうが)」は女性ホルモンを結果的に増やすのがメリットです。体温の上昇にともない、細胞が活性化して、新陳代謝も高くなります。ホルモン分泌を増加させるのも大きなメリットになるのはポイントです。冷え症改善、むくみを治す動機にもなるメリットも特徴的ですが、他には老廃物の排出もサポートするため、身体の毒素が排出されやすくなります。

 

毒素が排出されると身体の中の体温を下げる物質が消えますから、結果的にホルモン分泌の増加につながる作用を狙うのも一つの手段です。

男性ホルモンの働きをなるべく止めるやり方

女性ホルモンに反するものが男性ホルモンです。身体を筋肉痛にしたり、ヒゲや体毛を生やす原因になる、抜け毛や脱毛症を誘発させる、皮脂を盛んにして毛穴開きを招いたり、ニキビの原因にすらなります。皮膚や美容に対しては良くない作用だらけです。

 

男性ホルモンの働きをブロックするなら、血流を良くしていきながら、食品やサプリメントで女性ホルモンを増やす成分を含むものを補給する必要があります。大豆イソフラボン、プエラリア・ミリフィカ、レッドクローバー、テンペ、甘草(グリチルリチン酸ジカリウム)、ワイルドヤムなどを摂取していけば、必然的に男性ホルモンの働きを抑制しながら、安全に豊胸を促す事が出来ます。

 

実際にプエラリア・ミリフィカの働きは危ないと危惧されていますが、医薬品と比較すると安全です。天然原料ですから、過剰に補給しなければ副作用が発生する可能性は低いと言えます。医薬品のように強制力はありません。

他にも合わせてしておきたいやり方

ストレスを感じると活性酸素が発生して、男性ホルモンを刺激します。結果的に女性ホルモンの働きが弱まり、いわゆる[雄化]が始まりますが、日頃からリラックスしておけば活性酸素はブロック出来るのはポイントです。半身浴をしたり、何か楽しいことに没頭すれば、男性ホルモンを発生させる動機も生じなくて済みます。

 

仮にストレスが回避出来ない場合、テアニンやセントジョーンズワート、バレリアン、クワンソウ、トリプトファンなどを含むサプリメントを飲むと、活性酸素の働きを抑えられるのがポイントです。脳内のセロトニンを誘発させて、同時に女性ホルモンを分泌させる要因になります。逆にドーパミンが多く出てしまうと、男性ホルモンが出てきやすくなるため、注意すべきです。

 

また、ノコギリヤシやヒオウギは男性ホルモンの発生を抑制する働きかけがあります。5αーリダクターゼ疎外作用があり、ホルモンバランスを調節させます。