前菜の多い韓国料理

前菜の多い韓国料理

海外で料理を頼むとアペタイザーという前菜が運ばれてきて、アルコールと一緒にそれを食べますが、日本料理でも、おつまみなんかが出てきて、それをお通しと言います。どちらもちょっとした前菜といった感じで、料理が来るまで、それをつまんでいるものですが、しかし韓国の料理店では、かなり太っ腹というか一品注文しただけで、非常に多くの小皿が出てきます。

 

この小皿にプラスして、メインの料理ということで、相当お腹も満腹になって、さらに栄養もばっちり取ることができます。日本でも小鉢はついてきますが、しかし、その数は日本料理以上だとのことです。これは韓国料理店だけに見られることのようで、日本の焼肉店はそういうこともないのですが、おかわりのできる前菜だけでお腹いっぱいになるということで、金欠の時に、こうした韓国料理店にいってお腹を一杯にするというのも良いようです。

 

 

昔ながらのこうしたスタイルを守っている韓国人の経営する韓国料理店では、こうした食べ方もできるということで、とにかくお腹いっぱい食べたいという人にとっては、非常にいいですね。