家庭料理にも登場

ずらっとでてくる前菜

日本料理でも最初にお通しなどといって、おつまみ程度のものがでてきますし、海外にいって食事を頼むときには、だいたい自分達で前菜、つまりアペタイザーなどを頼んでアルコールと共に楽しんでお料理を待ちます。

 

 

でも韓国料理店ではその部分ではかなりの太っ腹です。なにか一品注文しただけで、ずらっとでてくる小皿の数々、もしかしたら、これとご飯だけでお腹いっぱい?というくらいほんとうに沢山の小皿料理がでてきます。そしてそれプラス自分が頼んだお料理ですから、お腹も満足、栄養もばっちりです。

 

 

日本式の焼肉店ではそういたことはあまりありません。でも韓国人経営の本格焼肉店ではそうしたスタイルをかたくなに守っているところが多く、前菜だけでお腹いっぱい、しかもおかわりもできるとあっては、金欠のときに韓国レストランに行ってお腹を一杯にしたくなっても当然でしょう。日本でも定食で小鉢などがついていますが、数としてはそれ以上です。